FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第六章 再出発④ 

『瞳さん、という事は、今日でお別れって事ですか?』

『そうね』

『そうですか・・・』

俊之は、別れの悲しみを紛らすかのように、瞳を抱き寄せ唇を重ねようとした。

『ちょっと、待って・・・、
私、俊君に謝らないとないと。ごめんね、結局、二股になって・・』

俊之は、その点については、意外に冷静だった。

『それは、イイんです。きっと、瞳さんには、そういう人が居るって思ってました。
でも、どうして、ぼくだけじゃダメだったんですか?』

瞳は、冷静に質問してくる俊之を見つめながら答えた。

『俊君は、凄く、セックスが上手。でも、私、何か足りない気がした。
きっと、私、俊君とのセックス、このまま、回を重ねたら飽きちゃう気がする』

『・・・・・・・』

『彼は、違う気がする。愛してるなんて事は無いのよ。
俊君には、若い時に、愛撫を教えた。大学生位だったらセックスまで教えてたと思う。
でも、俊君、自分のセックスを見つけなさい。少しの間、会えなくなるし丁度イイ。
勉強して来なさい、また会いましょう』

『はい、でも勉強って言っても・・・』

『きっと、相手は、俊君なら見つかるわよ。
でも、私、もう39だから、早くしないと、おばあちゃんになっちゃうからね』

『大丈夫です、瞳さんなら、おばあちゃんになってても抱けます』

『嬉しい・・』

今度は、瞳が俊之に覆いかぶさると、唇を重ねた。
重なり合う唇、激しく淫気を交換するように唇を交差させ、舌を絡ませた。

そして、瞳は、俊之を指導するかのように、騎乗位から繋がると様々な体位に入れ替え、体を絡ませた。
何度も、アクメを迎え、体全体に走る快感に酔いながらも、求め続ける瞳。
俊之も、数回の射精を超えて、最後になるかもしれない瞳の体を貪り続けた。

深夜2時を過ぎ、セックスに疲れたふたりは、裸のまま抱き合っていた。
心地よい、愉悦の残り火の中、ふたりはそのまま眠りに落ちた。

翌朝、俊之が、朝日の射し込むベットの中目を覚ました時、
瞳の姿はベットに無かった。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep5 再会

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 第六章 再出発⑤  |  第六章 再出発③ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧