06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

女の顔・・・ 

翌日、昼休みに、その女性からメールが届いた。

『今日、どうですか?』

流石に翌日、メールが来るとは思わなかったので、
電話番号書いてあるにも拘らず、ぼくはメールで返信した。

『いいの? ラブホ行くんだよ?』

『はい、時間が経つと決意が揺るぎそうなので・・・』

『分かった、どこへ行けばいい?』

『昨日、私を下ろしてくれたところで、待ってます』

『分かった、6時に行きます』

結局、電話をせず、メールで約束ができた。
ぼくは、仕事を終えると真っ直ぐに彼女の家の近くの待ち合わせ場所に向かった。
車で約45分位の道のりだが、夕方のラッシュと重なり、1時間程掛かって待ち合わせ場所に着いた。
彼女は既に待っていた。彼女は車を見つけると駆け寄り助手席のドアを開け、素早い動作で乗り込んだ。

『としゆきさん、早く出して・・・』

兎に角、ぼくは急いで車を発進させた。

『イイんですね?』

『もう聞かないで・・・』

ぼくは、もう、それ以上何も聞かないで、奈良から大阪へ越える国道沿いにあるラブホテルに入った。
このホテルは、静かな所にある割には、SMルームなどバラエティーに富んだ部屋があり、
ぼくは、その中から鏡の部屋を選んだ。

部屋に入ると、ぼく達はベットに腰を掛けて、昨日の続きを始めた。
舌を絡ませ、口を開けて、お互いの吐息を交換し、唇を何度も重ねた。

ぼくは、そのまま彼女を押し倒すと衣服を剥ぎ取るように脱がし、
自分も素早く裸になると、彼女に被さり、もう一度唇を重ねた。
スイッチが入ったかのように、お互いの唇を貪る二人。
そして、ぼくの手は彼女の豊かな乳房を弄っていた。

『はぁ、はぁ、ううぅぅ・・・』

ぼくは、唇を移動させながら、体の随所にあるスイッチを入れていった。
彼女は、目を瞑り、息が荒くなり始めている。

ぼく達の上には、大きな鏡の天井があった。

『目を開けて見てみ、イイ女が見えるよ・・・』

ぼくは、シーツを被って彼女の股間に移動すると、
シーツに隠れたまま、彼女のクリトリスからバギナに掛けてを、舌を駆使して愛撫した。

『ううぅぅ、いいぃぃ、逝きそう・・・』

彼女は、目を開け、自分の表情に見入るようにして、絶頂を迎えた。
硬直する下半身、ぼくは、彼女の力が抜けるまで、舐めるスピードを緩めなかった。

静かになった。ぼくは、シーツから顔を覗かせ彼女の様子を確かめた。

『としゆきさん、ありがとう・・・
私って、こんな顔してたのね。知らなかった・・・
迷ったけど、こうなって良かった。凄く気持ち良かった』

彼女は、ポツリポツリと一言一言、ゆっくりと言葉にした。

『女になった時の顔、どうやった?』

『もう、言わないで・・・』

『若い女を追っかけてる男なんか、捨てちゃえばイイんやって!』

『そうね、なんか、元気出てきた』

『じゃあ、交代!』

こうして、ぼくは、3人目の男になった。
月に一度か、2ヶ月に一度、土曜日の午後の濃いセックスの時間。
ただ、この関係は、そんなに長続きはしませんでした。

それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ:

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: バギナ  クリトリス  ラブホ 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« オナニーに耽る・・・  |  40代の女性・・・ »

コメント

こんにちは

としゆきさん、
久しぶりに読み入ってました。
…、、続かなかったんだ。

女って、ある時くると
妻も、母も、キャリアウーマンも辞めたい。オンナになって癒やし癒されたい。
求め求められる女性になりたいの。
現実ではかなわなくなるのかな。

としゆきさん、男性は不倫になるって、
性の対象だけなの?

優理 #- | URL
2018/05/19 08:57 * edit *

Re: こんにちは

優理さん、

女性のその感覚、何となく分かるような気がします。
さて、男はと言う事でしょうが、セックスだけか・・・・

そう言う人もいるでしょうというくらい重要だとは思います。
ただ、それだけかと言うと、違うと言う人もいるでしょう。

男は、外で働き稼いでいます。ただ、家での居場所がない・・・
そんな思いを持っている男も多い。
そう、自分の居場所を探している、そんな面もあると思います。
彼女といると安らぐなんて言うのも、そんなところから来てるような気がします。

まあ、男と女、奥が深い付き合いです。
また、遊びに来てくださいね。

Mr.としゆき #- | URL
2018/05/19 23:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧