FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


女王様クンニの魅力 

オーラルセックスって、
基本、口側の御奉仕って言えると思います。

セックスは、男が挿入して、体を使って出し入れしてるけど、
男側の御奉仕とは言わない。
それは、勿論、男も感じてるんだし、
ともすれば、自分の快感だけを追い求め、独りよがりに終わってしまう事も有りますからね。

この御奉仕と言う事について少し考えてみました。

クンニって、上の言い方で言うなら、男側の御奉仕になります。
挿入までの行程のひとつと言うなら、御奉仕とまでは言えないかもしれないけど、
最後まで舐め続けると言うなら、それは、まさに相手の女性に対する御奉仕でしょう。

そして、幾つかの体位では、
『女王様が、自らの恥部を舐めさせる』と云う、
サディスティックな面も感じ取れるでしょう。

仰向けになった男に跨り、
『ほら、好きなんでしょ、舐めなさい!』
ってはじまる、顔面騎乗。
ベットのヘッドボードに枕を立て掛けてもたれ掛かり、M字開脚になって、
『さあ、舐めるのよ』
って始めたり、
壁に立ったまま寄りかかりながら、男を跪かせて、
脚にしがみ付かせての立ちクンニなど、色んな場面が考えられます。
でも、殆どの場合、最後まで女性側の支配で終わることは無いんです。

ツンデレとはちょっと違うかもしれないけど、
究極の女の変化が、目の前で展開されるのが、クンニと云う性技です。

男は、ツンデレの女に弱いと言う面が在るように、
クンニでの女の変化にも、心奪われるものがあります。

高圧的な態度ではじまった行為も、徐々に変化を始める。
ヘッドボードに寄りかかりながらも、後ろ手で身体を支え、
大きくM字に開いた脚を少し揺らしながら、女性器を突き出し、
舐めろと言わんばかりの仕草で始まったクンニ
微妙な舌使いに合わせて、腰を動かせ始めた頃から、
少しづつ言葉が変わり始める。

息遣いが乱れ始めた時、小さな愉悦の声が漏れ始め、
同じテンポの舌使いに、我慢できなくなり、両手で男の頭を押さえた時、
喜悦の叫びとともに、懇願の言葉に変わって行った。

『あ〜、もっと、お願い、強く』
『ダメ、やめないで、お願い』
『イク、イキそう、もっと、もっと、お願い』

後ろに寄りかかっていた上体を、男の頭に覆いかぶさるようにして、
頭を女性器に押し付け、抱きしめながら、
大きく震えると、声か呻きかわからない音を発し果て、
小刻みに痙攣を繰り返しながら、力を振る絞るように

『好き!』

と一言だけ漏らすように言葉を発すると、ぐったりとした。


この変化は、男にとって虚をつかれた変化であり、
特に、初めての時は、呆然とするだけでしょう。
そして、数分後には元の『ツン』状態の女に戻ってるんですからね。
もう一度、あの時の人になって欲しい、もう一度見たい。
って、虜になっちゃうんです。

きっと、これが女王様クンニの魔力なんだと思います。


もう一つ、こう言う変化じゃなくて、『イヤデレ』って状態も可愛いですよね。
始めた時は『イヤ』って言ってたのに、途中からは同んなじように乱れる。
これもイイもんです。

ただ、本当にイヤな女性もいるにでその辺は、ちゃんと見極めて下さいね。

今日は、この辺で
それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: オマンコ  オソソ  セックス  クンニ  女性器 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« やっぱり、大きな胸が好きだった‼︎  |  クンニ、新たなる扉⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ