FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

女性器は、美しい花・・・? 

前回は、若い時の経験を思い出しながら書きました。

女性の裸に関して、その美しさに魅了される男は沢山います。
写真というものがない時代から、芸術家達は、絵や彫刻でその美しさを残しています。

遥か昔に遡ると、古代ギリシアのビーナス彫刻もそうだし、
例えば、ルノワールの裸婦の絵の神々しいまでの女性美、ふくよかで柔らかく描かれた裸の女性。
すごく魅力的です。

更に、裸体という外面の魅力だけでなく、隠され秘められた部分に惹かれた芸術家もいました。
そう、女性器の魅力に惹きつけられた。
ひたすら、女性器に目を向け、欲望の対象ではなく美の対象として受け止めた。

ひとりは写真家、
彼は、愛するひとりの女性の性器を撮り続けた。彼は、愛する女性の性器の意味するモノを追求した。
生きてるが故に、変化する。女性器も変わって行く。これを捉えたかったのかもしれません。

そして、もうひとり。
彼は、不特定多数の女性の性器を型取り石膏ブロックを作った。
前述の写真家とは異なり、女性器の見た目の違いを個性と捉え、その美しさをコレクションにしたかったのかもしれません。



兎に角、純粋に女性器の美しさに魅了された男達と云うのが存在する。
そして、彼らは、『女性器は美しい花』だと考えてるんでは・・・・。

美しい花を目の前にした時、人は顔を近づける。
香り高い芳香に鼻を近づけて、匂いを楽しみ、キスをしたくなる。

美しい花びらの中心には、秘められた花芯がある。
まさに、女性器とダブってきませんか?

美しい花は、その魅力で蜂や蝶を誘い込み、花びらの中心で受粉する。
男は、女性器に魅了されて、押し入り、女性器という花の中で受精する。

これが、女性器を花に見る由縁かもしれません。

女性器を象徴する為、ヌードの女性の股間に描く花としてよく漫画なんかで描かれていたのは、
先日書いた、薔薇とか牡丹だと思います。
確かに、大輪で美しい代表的な花ですが、形としては似ていない。
あくまでも、象徴する花なんでしょう。

やっぱり、似ているのは、クリトリアです。
名前も、似てますよね、そう、クリトリスにね。
ただ、他にも、蘭は上品な女性器っていう感じで、その中でも、胡蝶蘭はまさに愛しい人のオソソです。

大柄な女性に対しては、ちょっとグロテスクだけど、ラフレシアなんて事もあります。
こういう表現も面白いですよね。

今日は、この辺で。
それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 女性器  性器  ヌード  オソソ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« リアル過ぎる・・・⁉︎  |  美しい女性器・・・⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧