FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

リアル過ぎる・・・⁉︎ 

女性器を表現する方法として、もうひとつの方法があります。
それは、植物ではなく動物に喩えるというモノです。

以前書きましたが、大学時代に北海道の鄙びた温泉街のストリップ小屋で、
初めてオソソを見た時に頭に浮かんだのは花よりも貝だったのを思い出します。
どう見ても、色といい、その形といい、ストリッパーの大きく開いた股の中央には、
複雑にヒダが重なった、貝の身があった。

イメージとしてですが、女性器をアワビや牡蠣、ハマグリなどで比喩すると、あまりにもリアルで生々しく感じられ、とても『女性器は美しい』という表現には繋がらない。
ギラギラした欲望にまみれた、男を求める女性器というイメージであり、
香りというより、淫臭漂わせ、ヌルヌルと蠢く肉塊を思い浮かべてしまう。
そして、ねっとり濡れる肉が、欲望を掻き立てる。

本能に突き動かされた、動物的なセックスを連想し、
花と共に、愛に満たされた中で、快感と幸福感の中で絶頂を迎えるセックスとは、
かけ離れたセックスを連想してしまう。
欲望のぶつかり、お互いに自らの欲望を前面に犯し合うセックス。
女性器をどう捉えるかで、ここまでイメージが変わってしまうのも面白いと思います。

さて、動物系で、女性器を連想する写真を探して見ました。
やっぱり、女性器も肉ですから、肉も切り方、焼き方で、こんなに似てしまうんやって、驚きでした。



そしてやっぱり、貝は、女性器そのものって感じです。
貝のビラビラは、小陰唇を連想するし、アワビみたいにボリュームのある貝だと、
ふくよかな大陰唇まで表現してしまうから凄いなって思ってしまいます。

まあ、グロテスク系やペニス焼けしたドス黒系まで、どんな女性器でも合う貝が存在する。
ほんと海産物の沢山集まる、フィッシャーマンズ・ワーフとか、とれとれ市場っていう観光魚市場に行くと思っちゃいます。

最後に、出世魚同様、女性器も成長と共に隠語として使われる貝が変わるのをご存知ですか?
幼女の『櫻貝』から始まり、少女のシジミ、そして妙齢の処女の女性器をハマグリ、最後に成熟した女性のオソソが、赤貝でありアワビです。赤貝の色といい、アワビの縮んで閉じようとしている時の色のコントラスト、ここでも、年齢差が表現できる。アワビこそ極上の熟女の女性器でしょうね。

それでは、この辺で。
最後に、貝の写真を載せておきます。
これ、なんていう貝なんでしょうか・・・




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  女性器  オソソ    アワビ  ハマグリ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 夏本番‼︎  |  女性器は、美しい花・・・? »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ