FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

ビジネスホテル・セックス⁉︎ 

これまで何回かに渡って、こんな場所でセックスできたらっていう点について書いてきました。
例えば、開放的な空の下、誰にも見られずにとか、本能とはかけ離れた知的空間でしてみたいとか・・・

そんな中で、やはり女性としては、他人に見られたくない、聞かれたくないというのが、
場所を選ぶ上で、先ず重要な点だという事は明かな事実。
そして、そんな要求を満たし、安心して体を開かせるという選択が、
男がセックスの場面を設定する上では大切な第一歩。

ただ、正反対の我慢の中でのセックスも堪らない悦びになる事がある。

きっと、男なら、愛する女性の我慢する顔、或いは、耐えて耐えて堰を切るように愉悦に落ちて行く姿を見る事に、至上の喜びを感じる。
しかし、我慢と言っても女性にとって見られているかもしれないというのは、やはりハードルが高い。
そこで、聞かれているかも知れないという状況でのセックスについて書いてみる事にする。

色んな場合が考えられるだけど、僕が彼女とのデートの中で楽しんだのは、ビジネスホテル・セックスです。
僕たちの関係が出張でしか会えない関係だった事もあるんですが、それでも、基本はラブホで気兼ねなく声を出して快感を貪っていた。
そんな中、食事の後、時間も無いので彼女に僕の泊まる部屋に寄ってもらいベットインとなったんですが、その時の彼女の感じ方がそれまでとは違っていた。
いつもより声が小さい。耐えているかのように唇を噛んだり、目を瞑ったり、声も徐々に高まったかと思えば、押し殺すように口を噤む。
ただ、この表情の変化が、僕の嗜虐性に火を点けていった。

表情を見ながら、ゆっくりと腰を動かし、唇で乳首を刺激、更に指でクリトリスを弄る。
この幾重にも、畳み込む愛撫で高められ、ピストン運動でバギナの奥を刺激する。
そして、彼女の我慢を越えるのを、僕は目と耳で追っていく。
その快感の限界に揺れる苦悩の顔と快感に飲み込まれ落ちそうになる表情、その限界で揺れる女の表は、男にとって至福の精神的快感。
そして、その後に訪れる激しい絶頂の律動と嬌声が、抑圧された空間によっていつも以上に高められる事が、当然の事に思われた。
ビジネスホテルの壁は、浴室の水の音が聞こえるくらいで、声が漏れるのはしかたがない事。
ただ、彼女は快感によがる声を聴かれたくない。だから、声を殺してセックスをしていた。
でも我慢の限界に達してしまった。
こんな、場面設定も居心地が良いとは言えないが、何とも刺激的。

どうでしょう、試してみて下さい。
それでは、今日はこの辺で。





ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  快感 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 人の発情期・・・⁉︎  |  監禁セックス・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧