FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第二章 彩音⑤ 

『俊君、気持ちいいわぁ・・・
流してもらってるというより、愛撫されてるみたい。俊君、上手ねぇ・・』

俊之は、彩音の肩から背中を流しながら、指先と掌を巧みに使って微妙な刺激を与えていた。

『絶妙のタッチだわ、純子ちゃんが虜になるのも無理ないわね・・・』

『えっつ、そうなんですか?』

『あっつ、変な事、言っちゃった。純子ちゃんに怒られちゃう。忘れて・・・』

彩音は、振り向くと俊之の首に手を回しぶら下がるようにしてキスをし、
俊之はそのまま、彩音を抱き寄せ、熱い抱擁と共に、お互いの唇を確かめ合うように絡め始めた。

吐息を漏らしながら、お互いの唇を貪る二人。
俊之の手が、彩音の形の良いお尻に回された時、彩音が小さな声で囁くように声を漏らした。

『はぁ、ねぇ、ベットに行きましょう。ここじゃ、逆上せちゃうわ・・・』

『あっつ、ごめんなさい・・・』

『ううん、いいの、じゃあ、体を拭いてベットへ・・ね』

二人は、息をつくようにして体を拭き、そのまま、ベットに向かった。


『俊君、今度は私がしてあげるから、先に寝て・・・』

俊之は、彩音に言われるがまま、仰向けに寝た。
彩音は、俊之の体の右横に正座をして座り、そのまま、横から俊之の乳首を愛撫し始めた。
彩音のボリューム感のある唇が、俊之の乳輪をキスしながら、その中では少し頭を出した舌の先が乳首を刺激する。この絶妙な刺激に、俊之は微かに震えを覚えながら彩音に身を委ね、手足を捩るようにして快感に震えていた。そして、それを悟った彩音は、乳首へのキスを続けながら、左手で俊之の右手と指を絡ませ、右手で腿の間を摩り始めた。

俊之は、乳首への刺激と共に、彩音の柔らかな掌と悩ましくも絡みつく指先、更には腿から股間に這うように動く右手の刺激に、熱くなるペニスを感じていた。

『うふ、元気ね・・・』

彩音は、横目でムクムクと持ち上がり始めたペニスを見つけると、唇を乳首から下半身に移動させて行く。その間、俊之の性感を両手の愛撫で高めていた。左手で乳首、右手で睾丸を刺激する彩音、あたかも、琴を奏でるかのような姿勢で愛撫を加えて、流れるように既にそそり立つまでになった、俊之のペニスを、口に入れた。





ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep6 仮面

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 第二章 彩音⑥  |  第二章 彩音④ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ