FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

途切れないセックスパワー 

『接して漏らさず』で思い出したんですが、
若い頃に読んだ小説です。

理系の学生でしたが、大学生の頃、通学時は文庫本とか単行本を持って、
電車の中では本を読んでる学生でした。
色んな本を読みましたが、一時期、凄く、半村良さんに凝っていました。

その中に、『妖星伝』って言う長編小説が在ります。
半村良さんが作った伝奇ロマンというジャンルの大作で、壮大な設定の物語なんですが、
その中に出てくる鬼道衆の長が、人間の女性を襲って、
この接して漏らさずの修行をする場面が出てくるんです。

女は、そそり立つ巨根に貫かれ、射精が無いために続く終わりなき交わりに、
最後は気がふれて、狂い、死ぬまで続ける。
女が死ぬまで、射精を我慢できるかっていう修行なんです。

『こんな事、ありえへんな!』

って思いながらも、出来たら凄いなって思ってました。
でも、一方では若かったから、

『我慢せんでも、何回でも出した方が気持ちエエのに!』

なんて思ってました。
事実、当時は続けて3回、4回くらい平気だったと思います。

でも、最近、偶然1回戦で発射せず終わった事があって、
その時は、いつもなら訪れる、性欲の途切れと何とも言えない疲労がなく、
そのままの欲望と体力で、愛撫を継続してました。
きっと、彼女も、息つく間も与えない波のように押し寄せる指先からの快感、
そして、このままもう一度、挿入されたら堪らないと思ったんでしょう。
『お願い、ちょっと待って・・』って、
この言葉で、我に返ったのを思い出しました。

ちょっとした事ですが、出さない事って、
ほんとに、エネルギーを温存できるんです。
そして、もし、射精をコントロールし、発射せずのセックスができるなら、
数時間の息付きの無い愛撫と交わりができる、女性にとっては許してって言う快感に満たされると思います。

そして、中年以降のセックスにとっては、この技、大切かもしれませんね。
もう何回も射精する体力は無いけど、相手の女性の逝った顔を見たいし、
逝く時の声を聞きたいし、痙攣する体を感じたいもんね。

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: 精力

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 中国4000年の秘技⁉︎  |  答えは『接して漏らさず』⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ