FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

初体験は・・・⁉︎ 

最近忙しい事もあって中々更新できないでいます。

そんな中、これからセックスの扉を開けようとしている女性とメールを交換する機会がありました。
勿論、ぼくが誘ってもガードは完璧で取り付くしまもなかったんですが、初体験を良い思い出になる事を祈りながら、初体験の迎え方について考えてみます。

前回まで、オナニーの事を書いてきましたが、オナニーとセックスは性的満足を得る行為という点で一緒ですが、オナニーは性欲処理そのもの、ただセックスはそれだけではない。

女性が、初めてのセックスを経験した時、人それぞれ色んな思いを持つ。
以前、彼女とこれまでのセックス経験を話ししていた時、初めてのセックスの時の感想を話ししてくれた事がありました。

当時、彼女は高校生。年上の社会人の彼氏が居た。
初体験に対しては、早く済ましてしまいたい。そんな気持ちだったようです。
というのは、当時、今はもう考え方が変わっていますが、女性は処女に対する重荷を持っていた。
社会の処女性に対する考え方です。

処女を捨てる事で、自由になれる。
そんな思いだったのかもしれません。
まあ、ぼくの受け取った感想なのできっちり気持ちを伝えているか判りませんが。

ただ、セックスの感想は、そんなに強いモノは無かった。
一般的にも、初体験の感想は、そんなに性感の面でいうと強烈なものは無い。
一番多いのが『痛かった』『早く終わって欲しい』という辛い感想。次に『あっつ、もう終わったの』っていう男には少し辛い感想。勿論、気持ちよかったという女性もいる。ただ、何度か目には気持ちよくなって来る。

ただ、どうして、辛い初体験の後もセックスしようとするのか?

ぼくが、感じるのは、その時の充足感、幸福感。
好きな男に大事にされている、抱かれている感覚に惹かれるんだと思っています。

彼女も、最初の男性で絶頂を迎える事はなかったようですが、その後のセックス経験の中で、大事にされ良い初体験だったと振り返っていました。
『トシと付き合って分かったけど、彼、きっとセックス上手だったと思う』
嬉しいような、なんともコメントしにくい事を言ってました。

『ねえ、もう一度抱いて』
この言葉が続いたので、素直に2回戦に突入したのを覚えています。

やっぱり、時代は変わりましたが、初体験は好きな人とするのが一番だと思います。
その後、ぼくに声かけて下さい。なんてね。

それでは、また。





ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: 初体験

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オナニー  初体験 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 初体験の後・・・  |  オナニーのきっかけ⁉︎ »

コメント

興味深いですね

こんにちは。
パートナーの初体験を つい聞いてしまうのも男のサガなんでしょうね 笑
僕はどちらかというと「初めて」という女性を避けていました。
その人の中に ずっと残り続ける重責のようなものに耐えられなくて。
どうせなら、双方が快感を得られる行為がしたかったっていうのも理由のひとつかもしれません。

月光 #- | URL
2019/07/30 23:59 * edit *

Re: 興味深いですね

月光さん、

おはようございます、返事が遅くなりすいません。

確かに、初体験と経験した男の数とかネ。
重荷と感じるのは、ある種真面目な感覚なんだと思います。
ぼくは、どっちかと言うと、『めんどくさい』って感覚です。不謹慎ですよね。

月光さんのコメントをヒントに、今日は投稿してみます。今後とも宜しく。

Mr.としゆき #- | URL
2019/08/06 08:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ