FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

おすすめ

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第1弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第1弾『淫夢』

不思議な淫夢を見る二人の性を描く『淫夢』
俊之は、ある日、偶然見つけた散髪屋で、
淫夢の女性とそっくりな京子に出会う。
その京子も、不思議な淫夢を見ていた。

同じ匂いのする男と女が出会った時、
物語は動き始める。

歪な形で覚えた快感の世界を手探りで彷徨う男と女、
エクスタシー・パートナーの第一弾、
『淫夢』是非読んでみて下さい。

面白いベッド・・⁉︎ 

ベッドの大きさと柔らかさについて書きました。
他にも機能的な面、いつもとは違った雰囲気を与えてくれる面、ベッドだけで非日常を演出してくれる。そんなベッドもあります。

勿論、そんなベッドを自宅に持っている人は少ないでしょう。経験したいならラブホへ行く。これしか無いと思います。ただ、最近のラブホはセックスをする隠れ家というコンセプトよりも、非日常を演出してセックスは別世界での出来事だったなんて雰囲気にしてくれるコンセプトに偏った気がします。まあ、これって不倫の場所に使わせて貰ったから、そう感じたのかもしれません。

そんな中で、其々のコンセプトの中での典型的なベッドを紹介します。
先ず、セックスする隠れ家。昭和のラブホにあったのが円形ベッドです。ベッドの上は鏡張りという演出が多かった。ベッドは裸の男女のリングのように体をぶつけ合う場所。円形なので上下左右の方向がない。どんな体位でも許され、自由に位置どりできるベッドでした。その姿が天井の鏡に映っているのも興奮した。更に男と女のリングをステージに変えたのが回転ベッド。これは円形ならではの装置。最後にはせり上がってくる舞台装置のようなベッドもありました。

終わった後、二人で天井眺めて、ゆっくり回転して行くのも趣きありました。
まあ、古いラブホにしかありませんが、探して行ってみて下さい。新鮮かもしれません。

次は、非日常を演出してくれるベッドですが、色々なタイプがありますが代表格は、天蓋付きベッドでしょう。所謂、お姫様ベッド。男にとっては大きな気持ちの変化はないでしょうが、女性にとっては、まさにお姫様になった気分。つまり、非日常。自分がお姫様と言うことは、今日のセックスの相手は王子様、燃え上がって当然という事です。

面白いのは、こう言う気分になるのが若い女性だけでは無いって事です。中年、熟女の皆さんも天蓋ベッドの中に居るとお姫様になれる。女性って不思議ですね。まあ、僕たちでも王子様と思ってくれるなら、それはそれで嬉しいですけどね。

今日は、この辺で。
それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: ラブホ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ベッド  ラブホ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« セックス用ベッド・・・?  |  柔らかいベッドは・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ