FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

おすすめ

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第1弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第1弾『淫夢』

不思議な淫夢を見る二人の性を描く『淫夢』
俊之は、ある日、偶然見つけた散髪屋で、
淫夢の女性とそっくりな京子に出会う。
その京子も、不思議な淫夢を見ていた。

同じ匂いのする男と女が出会った時、
物語は動き始める。

歪な形で覚えた快感の世界を手探りで彷徨う男と女、
エクスタシー・パートナーの第一弾、
『淫夢』是非読んでみて下さい。

メールでセルフィー・・⁉︎ 

もうひとつ、セルフィーで遊んだ事があります。

真夏の休日、午後ひとりで家で留守番していた時の事。
彼女から、メールが来たんです。
『トシ、こんにちは』

凄く珍しい事だったんで直ぐに返信。
『どうしたん?』
『ひとりで暇だったのでメールしてみたの・・』

(暇なんや・・家にいる時ってどんな感じなんかなぁ)って思って、再度返信。


『ねえ、家にいる時ってどんな感じなん?』
『どんな感じ? 普段着って事?』
『そう、どんな姿で家事してるのかなぁって』
『普通よ、今日はTシャツ。トシの考えてるようなエッチな格好じゃないから・・』

こんなやり取りをして、ふっと思ったのが、エッチな格好って言う言葉。
思わず送ったのが、『ねぇ、写メで送って!』でした。

送って来てくれたメールには、彼女が自分を姿見に写した写真が載っていた。かなり着込んだ薄い生地の淡い黄緑色のTシャツ。ただ、よく見ると胸のてっぺんにちょこっと丸く突き出た感じが・・・

『このままのアングルで、胸アップにしてくれる?』
『バレちゃったみたいね。ほんとエッチなんだから・・』

そう、ノーブラだった。
バストのアップの写真を見た処から、要求はどんどんエスカレート。
まあ、二人とも家に一人で時間があったのが幸いしたんだけど、ツンと立った乳首の影に反応するペニス。

『ねえ、Tシャツまくってよ・・・』
『これくらいでイイ?』

恥ずかしいそうに下乳が覗くところまでTシャツを捲り上げる彼女。

『もっと、乳首を見せて!』
『もう、これでイイ?』

『乳首立ってるね・・、じゃあそのままでこっち向いて!』

こうして、彼女の裸のバストをゲットしました。それも如何にも恥ずかしそうな仕草付きで。
掛かった時間は約2時間。楽しい、休日の午後でした。
今なら、LINEでもっと短時間でゲットできるんでしょうね。

それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)


スポンサーサイト



カテゴリ: セルフィー

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: バスト  乳首  セルフィー 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 男が買うオナグッズ・・・  |  何故、無修正・・? »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ