FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

何故、男が・・・ 

男が、女性用のオナグッズを買う理由は大きく分けて二つあると前回書きました。

ひとつ目は、愛撫の道具やペニスの代用として実際にデートの時に男が使う為。
これは、男の性と女の性の違いが大きく関わっている気がする。男は女が逝く姿を見るのが好き、好きな女性とのセックスなら時間が許す限り抱いて彼女を絶頂に導きたい。その絶頂感に喘ぐ彼女の美しさ、更に彼女を堕としたという征服感に喜びを感じる。ただ、問題なのは、何度も続けて男は射精が出来ないという点。男は精液を作る時間が必要なんです。

つまり、彼女が逝くのに合わせて射精していたら体力がもたない。その前に、射精したら少しの間性欲が落ちてしまいセックスができないという男も多い。若い頃は射精しても、そのままピストン運動を続けて抜かずの3発なんて離れ業ができたという男でも、年齢には勝てない。

1日のラブホデートで許された射精は2回。多分これ位が中年男に与えられた限界。一方、女性はどうかと言うと、身体的な疲労限界はあるかも知れないが、性的には何度でも絶頂を迎えられるのが女性。そして、男はその絶頂を迎えた女性を見たい。

ぼくも、そうだったんですが、1度の射精で何度も彼女を逝かしたいと思い射精をコントロールしていた。でも、ぼくだって逝きたい、絶頂を迎えたい。そして、我慢できずに射精。
少しの間、脱力感に酔った後、性欲が戻っても2回戦に向かう程の勃起力が戻らない。こんな時にぼくは女性用オナグッズを使いました。

いや、時によっては最初に道具から入る事があったかも知れません。と言うのは一度絶頂を迎えた後は、二度、三度と逝き易くなるという女性の性の為、自分のペニスに楽させてあげようと言う親心です。酷使している可愛い息子ですからね。

具体的な使い方は次回からと言う事で、
今日は、この辺で、それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: バイブ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: オナニー  オナグッズ  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 5

« オナグッズをプレゼント⁉︎  |  男が買うオナグッズ・・・ »

コメント

こんばんは

若い頃は 男性は 射精こそが 一番 気持ちがいいものなんだ と 間違いではないでしょうけど まあ (笑) 大きな間違いをしていた 魔美でした

おかげさまで (爆笑) 逝かせるのが趣味 の 男性とお付き合いしているので 彼らは 射精しなくても OK な ときもあります とっても 不思議に 思いましたが 実に 彼らは楽しそう

でもでもでも 魔美は 女でよかったデス (笑)
逝きっぱなし・・は 殿方には わからないらしいので・・。
 

魔美 #- | URL
2019/11/08 21:01 * edit *

Re: こんばんは

魔美さん、

返事遅くなりました。
それにしても、恵まれてますよね。そんな男性、そんなに多く居ないと思います。
まあ、ぼくもその部類でしょうが、バイブの助けを借りる事もありましたから。

というより、今は昔ですが、『その年で、よくそんなにできるね!』ってタイプだったかも。
やっぱり、射精は快感ですよ!

Mr.としゆき #- | URL
2019/11/14 18:13 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2019/11/20 20:07 * edit *

Re: 鍵コメさん

鍵コメさん、

そうですか、品が無い・・・
素敵な彼女と別れたら、ただのスケベなおっちゃんって事です。
と言う事で、同一人物です。

彼女とも、いつのまにか音信不通になりました。
元々僕から連絡しなくなったら終わる関係と言ってたような記憶があります。
あなたと同じように悩んだのかもしれません。

男って、結局、集中しないといけないものが出来ると彼女の存在を忘れる事が必要になる場合もある。
ただ、一段落したら会いたくなる。しかし、その時には彼女はいない。男女ってそう言う事も多いって事です。

自分の思った通りにするのがイイと思います。
それが、あなたの恋です。
彼女と重ねてしまいました。すいません。

それでは、どうされるにせよ、幸運を祈っています。

Mr.としゆき #- | URL
2019/11/20 22:52 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2019/11/21 21:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ