FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

オーガズムと逆上がり⁉︎ 

もう少し、女性のセックス・トレーニングについて書きます。

今は昔、もうこんなこと言う奴はいないかもしれませんが、女性がオーガズムを感じられないのはパートナーの男に責任があると指摘する人もいた。
確かに、セックスをリードしているのは男の場合が多いし、性的刺激を彼とのセックスだけ受けるという女性にとっては、性感の開花はパートナーの男に委ねられる。昔はこういう状況だったんでしょう。だから、オーガズムを感じられないのは男のせいだと言われた。

ただ、そんな事を言っていたら、女性は中々オーガズムを迎えることはできない。
女性もセックス、自分の体、自分の性感に向き合うべきなんです。セックスでは幸福感は感じるけど、オーガズム・逝くという感覚は感じた事がない。こういう女性はやはり不幸です。セックスするなら、愛しい男の腕の中で一線を超えた快感を感じて欲しいし、その為の努力は自分ですべきです。
大人のオモチャのプレゼントにはそんな願いを込めている男も居る。

中々到達できない女性の『逝く』っていう感覚。ただ、一度でも経験すると、二度目からは比較的逝き易くなる。これは紛もない事実。更に女性器はいくつもの性感帯を独立して持っていて、その部位ごとに違ったオーガズムをもたらしてくれるとも言われる。

これを踏まえて、性感帯を開花させる訓練がオナニーであり、この手助けをしてくれるのが大人のオモチャなのです。男の愛撫やペニスの刺激では難しいオーガズムも一度目覚めると再来しやすい。この一度目を人では実現できない刺激『振動』で迎えること、これが大人のオモチャの役目です。

思い出して下さい。鉄棒が苦手という人もいたでしょう。中々出来なかった逆上がり。ただ、一度出来ちゃうと、その感覚を体は覚えていてくれて何度でも簡単にできるようになる。その逆上がりを手助けしてくれる補助器具がありました。これが、オーガズムと大人のオモチャの関係です。鉄棒とセックスではかなり違いますが、この感じで大きくは間違ってないと思います。

こうして、Gスポットやボルチオなど何ヶ所かで逝けるようになれば、きっと彼氏とのセックスでも逝く事が出来る。二人で一緒に逝くのも夢では無い。その為には女性も努力が必要って事です。

まあ、努力と言っても、逝けるようになれば病みつきになるでしょうけどね。

今日は、この辺で。
それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)


スポンサーサイト



カテゴリ: バイブ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  大人のオモチャ  オナニー  オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 百貨店にバイブ売り場⁉︎  |  オモチャでひとり練習・・⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ