FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

ローター持って外に出よう! 

こういうフレーズは、活動的で健康的なモノの使い方を提案するのによく使われる。
本来は、家の中で使われるモノを外に持ち出して、違った楽しみを見つけよう。基本的にはこれに尽きるでしょう。『本を持って外に出よう』とか『ゲームを持って外に出よう』なんて言うのも有りでしょう。

と言う事で、今回は『ローターを持って外に出よう』について考えてみます。
前回話題にした通り、ローターは女性が自分の性感帯、特に体の外側、乳首だったり、クリトリスに当てがって、その振動で感じ、自らを絶頂に導くと言う誰にも見られずに自分の部屋の中での秘めた行為に使われる道具。

ただ、前回、紹介したローターポケット付きパンティワイヤレス・リモコンローターを組み合わせると、人知れず手元でスイッチのONーOFFや振動の強弱をする事が出来る。
更に、この状況を刺激的なモノにするなら、そのコントローラを他人、まあ他人と言っても彼氏に委ねると言う、お遊びです。



この写真の男女のように、太陽の光を受け、芝生に肩寄せ合って座っているふたり。幸せそうな微笑ましい光景。しかし、彼の手の中にはリモコンがあり、彼女のパンティの中ではローターが彼女の1番感じる部分を刺激している。
彼は、凭れかかる彼女の体の震えと、堪えながらも時々漏れるよがり声を聴きながら振動の強弱を調整する。人が近くを歩くとローターの音を下げ、離れると強める。その波のような刺激に彼女はしっかりと彼の手を握り我慢している。なんて、光景かも知れません。

周囲の人がいる時、彼女は居た堪れない羞恥心の中で快感を増幅させる。この快感は、ふたりきりの密室に入るまで続き、入った後の欲望のぶつかり合いは、新しい快感をもたらしてくれる。

どうでしょう?
『ローターを持って外に出よう』、実践してみませんか?

今日は、この辺で。
それでは、また。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: バイブ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ローター   

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 何ヶ所責める・・・⁉︎  |  持たなくていいローター・・⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ