FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

姫始め・・⁉︎ 

新年おめでとうございます。

こういうテーマのブログにとって新年の話題と言えば、
やはり『姫始め』という事になります。

『姫始め』が今の意味になったのは江戸時代中期という事で、
元々は、1月2日の行事で、『火水始め』とか『飛馬始め』『姫飯始め』と呼ばれた。
元旦は新年のお祝いで何もしない日、2日は色々な事を始める日で、『火水始め』は火や水を始めて使うという事だし、『飛馬始め』は馬にはじめて乗る、『姫飯始め』は柔らかく炊いたご飯を食べる、他にもありますが、これらを『ヒメハジメ』と呼んでいた。

ところが、ヒメに姫が当てられ、姫は隠語で女性器、ヒメハジメは『秘事始め』を示すようになった。つまり『姫始め』は最初にセックスをする事を指すようになった。本来は1月2日にするのがこの場合でも必要って事。ただセックスに於いては、女性の体の問題もあるし、そもそも会えないと出来ませんから。

増して、許されない恋の2人ににとっては、1月2日は表の行事で会う事は許されない筈。正月が明けて世間が普通に戻ってから2人は『姫始め』を。きっと1月も半ば頃にはなっていると思います。
女性は、今年一年の平穏な2人の関係を祈り、男は今年初の許されない快感を体で感じる。
求め合う激しさとこの世界を守りたいという願いが、一番込められたセックスが不倫の2人には込み上げてくる。思い出すと彼女との『姫始め』ってこんなな感じだったと思います。

ただ、『姫始め』は今年初のセックスだし、普通で済ましたくない。そんな風に思うカップルも居るのでは。そんな時は、験を担ぐのもイイし、縁起を担ぐのもイイ。セックスで縁起を担ぐというなら繋がり方、こだわるなら体位です。どんな体位で年の始めの快感を得るかです。縁起のイイ体位で繋がる、これもまた『姫始め』の醍醐味、いつものセックスとはちょっと違う繋がりもイイんじゃないでしょうか。

そんな方へのお勧めは、48手の中で最も縁起の良い名前、『宝船』という体位です。まず、日常的には行わないような、若干アクロバティックな体位。女性が鍵なので男は楽しめる。年の始めに宝を積んで出帆っていうのもイイんじゃないでしょうか。その『宝船』彼女が帆になってくれているのも意味深ですよね。

それでは、今年も一年、よろしくお願いします。
次回より、バイブの話題に戻ります。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 姫始め  宝船  セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 胸・・・デカ!  |  初めてのバイブは・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ