FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

乳房縛りと股縄 

緊縛に関して、もうひとつ。

緊縛の何が美しいのか、何処に惹かれるのかについて考えてみました。
縛り方は、緊縛師という方が居られるほどですから、体系的な技術があるんだと思います。腕主体で上半身を拘束する縛り方とか、全身の縛り方、吊るし方、様々な技法がある事は簡単に想像できます。素人の僕としては、そこを詳しく知りたい訳ではない。数ある縛り方の中で性的興奮を一番与えてくれるのは、どの部分でどんな縛り方なのかという点です。

性的嗜虐の対象となるのはって考えると、乳房、女性器、尻が浮かび、此処を縛ることで緊縛された女性の卑猥な肉体美を更に強調することができる。この点は、女性のシンボルである3箇所なんで容易に想像できる。そして、この技を『女縄』と呼ばれるとの事。

乳房にかける縄は『乳房縛り』と呼ばれ、女性器と尻にかける縄は『股縄』と呼ばれる。このふたつの縄が素人ファンにとっては緊縛の全てと言っても良いかも知れません。

乳房は女性の性的なシンボルで、男はセックスの時、オッパイを弄り、頬張る。まさに性的嗜虐欲望の対象。この乳房を縄で縛り、縄で変形した乳房の表情を愉しむ。男にとっては性的満足を享受できる卑猥な情景になる。
特に、柔らかい白肌に食い込む縄は、女を蹂躙する縄であり、変形が大きいほど男の性的嗜虐感を高めてくれる。此処に緊縛モデルに巨乳が好まれる所以があると思います。ぼくが、友田真希さんの縄姿に魅せられたのは、彼女が巨乳であり、華奢な上半身でその蹂躙された姿が、兎に角美しかったからだと思います。

さて、もうひとつの『股縄』ですが、この縄も乳房の縄以上に食い込みが美しい。腰を縛る縄の中央から真っ直ぐ陰部に向かって下りる縄がワレメを埋めるようにお尻に回り背中側で腰縄中央に繋がっている。うっすら覆う下腹の肉に食い込み、盛りマンを押さえつける。豊かな大陰唇を左右に食い込む縄、これが股縄の醍醐味。女自身は、縄を喰らうように挟み、その刺激によだれを流す。この美しさは、乳房に劣らず男の本能を揺さぶってくれる。

加えて、大事な事はモザイクの不要という事実。表の世界では女性器は公にさらす事は出来ないのでモザイクを施している。しかし、股縄の写真には多くの場合モザイクはない。リアルな女性の下半身が見れる。勿論、股縄でクリトリスも見えないし、膣口が見える訳ではない。ただ、モザイクを施されていない映像、或いは写真は、加工して見えなくしているのでは無く、食い込む縄が邪魔をしているだけ。言うなれば、無加工の下半身。此処に男の興奮が潜み、日本ならではの股縄の魅力がある。

まあ、色々、理屈っぽく書きましたが緊縛に関しては楽しみ方もズブの素人です。ただ、友田真希さんの緊縛から興味を持ったこの世界、多くの人にとっては、見て愉しむだけですが、一段と綺麗になる女性もいる神秘的な世界だって事です。

今日は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: 性癖

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  女性器  乳房  乳房縛り  股縄  女縄  緊縛   

[edit]

tb: -- | cm: 0

« オソソを見たかったのに・・  |  縄と美⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ