FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

辛い臭い・・・ 

大分長く開いてしまいました。

前回までは、香水だったりアロマという、付加する好ましい匂いについて書いてきました。
セックスには、性欲はもちろんですが、女性にとっては、特に、その雰囲気作りというのも重要。初めての相手の時は、気を付けないと、それで終わりということもある。

男女の営みでは、欲情的とか扇情的な匂いを除いては異臭であり、ましてや悪臭は厳禁。変な匂いが鼻に付いちゃうと性欲を減退させてしまう人もいる。これは男女どっちも同じでしょう。

多くの場合、ラブホテルでの恋人同士のセックスにしても、家での夫婦の営みにしても、その前にはお風呂で体を洗うので、その場で洗い流せて、大きな問題にはならない。ただ、それ位では取れない汚れや臭いが問題です。

ラブホの場合は、シャワーを浴びる前に求めてくる男もいるので、女性は其れなりの手入れはデートの前に必要。男は勝手なもので、体を洗わせないくせに、臭いと閉口したりする。ただ、そんな臭いが好きという男も居るので、その時には嗅がせてあげて欲しい。まあ、シャワーの前に求めてくる男に関しては、汗の臭い程度なら何の問題もないでしょうが、それ以上の臭いがする場合、愛撫を止めてしまうなんて事もある。

じゃあ、一番、辛い経験はと言うと、僕は『クンニ』でした。
きっと、女性なら『フェラ』でしょう。

 さて、何が問題なるか・・・
そのひとつが『恥垢』です。この『恥垢』ですが、セックス の経験のまだ少ない若い世代に多い気がする。俗称、男はチンカス、女はマンカスと言われているモノで同じように白くてべっとりしいている。ただ、成分は多分違うだろうし、臭いも少し違う気がする。

勿論、チンカスについては自らの経験で詳しいですが、マンカスと呼ばれるモノについては、そんなに詳しくは無い。それでも、若い女性の方が溜まってる人は多い気がする。これは手入れの問題なので日頃からちゃんと洗うことで防ぐ事はできる筈。

僕が経験したのは、クンニでの出来事。
二人でさっとシャワーで汗を流してベットへ。キスから始まる愛撫。徐々に舌を這わせて股の間に。脚を肩に乗せながら口から舌を伸ばしてワレメを舐め上げようとした時に、異様な臭いに息が止まった。次の瞬間、その生臭い臭いの正体が小陰唇のヒダの外側、大陰唇の膨らみとの間に溜まった白い垢だと分かってからは、息を殺し、ワレメとクリトリス中心に刺激すると直ぐに正常位に戻って繋がった。

これは、男にとっては、中々、辛い状況。
相手の女性、特に若い女の子に『オソソが臭い』って言うのは可哀想。とは言え、この点に関しては、身だしなみとして女性が気をつけるべき。大人の女性は、手入れされている方が多くて、クンニで苦労したことはまずないですが、若い女性だと、今でも臭い嗅ぐまでドキドキするかもしれません。まあ、そんな機会は無いんですけどね。

男も一緒なんですが、皮膚の重なったところこそ、綺麗に洗う事が必要。女性の場合はデリケートゾーン専用の石鹸なんかもあるので、ヒダの間も洗って欲しいと言う事です。

男のエゴですが、『新鮮なマン汁は大好物ですが、恥垢は無理』。
今回は、女性には失礼な書き方でしたがお許しを。

次回は、男の恥垢について書いてみます。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: フェラ  クンニ  臭い  恥垢 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 面白い不倫報道・・  |  『誘う』よりも『誘わせる』⁉︎ »

コメント

決して失礼では無いですよ

常に清潔を保つのがエチケットですから・・・
抱かれる時は、自らの身を清めて臨むのが女でしょ。
最低限のエチケットは守りたいと思っていますわ。

風花(かざはな) #zpbGWri6 | URL
2020/06/09 15:27 * edit *

Re: 決して失礼では無いですよ

風花さん、

いつもコメントありがとうございます。
流石、お使えしているという方は違いますネ。

Mr.としゆき #- | URL
2020/06/13 21:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ