FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

不倫の心理⁉︎ 

今回も、大きく間が空いてしまいました。

アンジャッシュ渡部さんの不倫報道の中で興味深かったのが、少し前になっちゃいますが、若狭弁護士の不倫心理のパターン分析。毎日放送の『ひるおび』でやってました。

不倫をする男の心理を5つのパターンに分けて分析していた。
その5つを紹介すると、
1.夫婦仲が良くても“つまみ喰い”
2.夫婦間の“すきま風”
3.日常からの脱出
4.ノスタルジア
5.根っからの“好色家” という分類になっていた。

流石、不倫絡みの事件をいくつも関わって来られているだけあって上手く分類されていると思った。アンジャッシュ渡部さんは、5の根っからの好色家をベースに、つまみ喰いと日常からの脱出が関わっているパターンという事。

不倫に関しては、夫婦の問題。芸能人の場合はスポンサーや出演番組関係の問題もあるけど視聴者がどうのこうの言う問題ではないと思ってる人も多いと思う。ただ今回は、女性を人として扱っていない感が、声を大きくしたきらいがある。これまでの不倫報道、宮崎議員にしても千原せいじにしても同情できる所は多かったけど、今回は中々笑って話せない部分も多いような気もしている。

さて、不倫男の心理に話を戻します。この5つのパターンの中で夫婦に問題があって不倫に流れると言うのは、2番目の『夫婦間のすきま風』位。他のパターンは全て夫婦が仲良くしていても、定期的に愛し合っていても不倫に走るって事。

自分の不倫に当てはめて考えてみると面白いのでやってみて下さい。
僕も振り返って考えてみたんですが、僕の場合は基本的には合わせ技って事が分かってきた。
まあ、僕は男は基本的には好色家だと思っていて、この点がベースにある事は間違いないでしょう。ここでは、『根っからの』という修飾がありますが単独パターンだとこの修飾が必要ですが、合わせ技なら、ある程度の好き者で充分当てはまる。僕はこの位の好色家だと思っている。

合わせ技と言う限り、もうひとつのパターンが被さってくるんですが、それがパターン2の『すきま風』を除いた3つ。3つ共経験は有りますが、面白いのはキレイに年齢で分かれる事。若い時は、1番の『つまみ喰い』、次に『日常からの脱出』、で最後が『ノスタルジア』。大体、『つまみ喰い』は30歳半ばくらいまで、次に子育て時代の『日常からの脱出』、40後半からが『ノスタルジア』。このパターンは女性にも当てはまって、男より5歳くらい早く移行して行くように思える。ただ、相手が独身の場合は本気になってしまうなんて事もあるので注意でしょう。

不倫解析、まだまだ続きます。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 『つまみ喰い』不倫⁉︎  |  面白い不倫報道・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ