FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

日常からの脱出⁉︎ 

残る二つのパターンですが、『日常からの脱出』も『ノスタルジア』も共に、現実とは別の世界を求めるという点ではよく似ている。

子供が出来て、男にとって女だった妻が母になる。
ひとつ目のきっかけはこの状況にあるのでは。妻は子供に掛かりっきりになり夫から離れる。夜も子育てに疲れ先に寝てしまう事もあるし、仕草も子供を思うあまりに女性らしさ、恥じらいなど、女を感じられないなんて事も。
そんな時、別の居場所を見つけてしまうのが、『日常からの脱出』です。

昼は、職場で身を削って働き、家に帰ると子供をあやしている妻を見ながら食事。
ふと帰りに寄った酒場で会った美しい女性だったり、疲れて職場のデスクで息ついている時に優しく声を掛けてくれた女性社員に思いを馳せ、何かをきっかけに男女の仲になったとしたら、男にとっては掛け替えのないもうひとつの世界になってしまう。

僕は、あまりこのタイプの不倫の経験はありません。
丁度、この年齢の頃に田舎に住んでた事もあって、そんな事のできる状況にはならなかった。職場で優しく声を掛けてくれた女性と外で会ったりしたら直ぐに噂になってしまうような狭い世界だったし、そもそも、職場に女性が居なかったしね。

このタイプの不倫は、男にとって守りたい世界がもうひとつできたようなものなんで、『つまみ喰い』と言うような軽い気持ちではない。子供も妻も愛しているから、別れようなんて言う気持ちはない。それでも、家より心地よい世界、加えて違った性を楽しめる世界の大切さ。
快楽と心地よさにのめり込んでしまう男も多く、ここに悲劇が生まれる可能性がある。

相手の女性が、若く独身の場合も有ったりして、彼女が一緒になりたいなんて考え始めるとどちらかの世界を閉じなければならなくなる。正念場の訪れって事です。

『トシは、ずるいよね。
既婚者としか不倫しない。既婚者は安全だと思ってるんでしょ・・・』

何度か、言われた事がある。
僕の不倫は、どちらかと言うと『ノスタルジア』に分類されるように思うんですが、それでも独身女性は避けてきた。
不倫は破滅への道という言い方もしますが、その破滅度合いは、『つまみ喰い』『日常からの脱出』『ノスタルジア』の順で高くなって行く気がする。更に、守る世界を持っていない相手とはより破滅度合いが高まる、そんな風に思ってます。

そんな、心配をしてまでする価値があるのか?
それでも、してしまうのが不倫なんでしょうね。

今日は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫  日常からの脱出  ノスタルジア 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 『ノスタルジア』って⁉︎  |  『つまみ喰い』不倫⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ