FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

男のタイミング⁉︎ 

前回の続き、

彼女に『こっちの方が少し好き・・』って言われてから、僕は常にそのタイミングを狙って射精しようとした。彼女に好かれたかったし、気持ちいいって言って欲しかった。
そんな時、再び、彼女の教育的指導が入る。

いつものセックスの合間のベットでの会話、
『ねえ、トシ君・・』
ちょっと、間を空けてゆっくり話を始める彼女、
『頑張ってるのは分かるけど、そんなにタイミングに拘らないで、この前、言ったこと忘れて!』
『えっ、何でですか・・』僕は、思わず聞き返した。
『それより、私をもっと見て抱いて・・、トシ君も楽しんでくれないと。
そうやわ、あの時は、トシ君が後から、私を追っかけるように逝くのを感じて、気持ちいいって思ったけど、日によって違うのよね。
トシ君の逝く時のドクドク感で逝く時って、ホント、高い所から突き落とされるみたいで失神するかと思うぐらい強烈。そうよ、女の子は日によって違うんだから、そんなに気にしないで、トシ君も楽しんで』

彼女は、1年弱の付き合いでしたが、いろんな事を教えてくれた。
『一緒に逝きたい』って女性はよく言うけど、微妙なタイミングのズレで2種類の快感があることを知ってる女性は少ない。勿論、どっちが好きって言う人も居るけど、殆ど、どっちも快感だし、気分によっても、どっちが好きかも違う。

『犯されたい時は、男のドクドクで逝きたいかな〜、女って、そんな気分の時もあるのよ』って、彼女は、笑いながら言ってました。

じゃあ、男の感覚としてはどっちが快感かってことですが、僕は女性が先に逝く方が好き。男の絶頂感は射精。よくドクドクって表現される様に、射精は繰り返しがあるけど、最初の迸りが一番気持ちいい。女性がオーガズムに達した時、バギナは大きく収縮しペニスを飲み込むかのように搾りあげる。この搾り上げられている最中に放出できるのは女性が先に逝ってくれないと実現しない。
女体に呼応した絶頂は、纏わり付く肉壁の中での絶頂よりも数段気持ちいい。これが好きな理由だ。

ただ、人によっては、一度発射した後に訪れるバギナの収縮が精液を最後まで搾り出す。この感覚が堪らんと言って、女性が後に逝くのが好きと言う男もいる。
僕もこの感覚も大好き。結局、男はどっちも好きって事だと思う。

どっちも好きな男と、気分によって違う女、やっぱり女の好みに合わせる方が無難という事です。

逝くタイミングの話は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オーガズム  タイミング  快感  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« セックス のエンドロール⁉︎  |  逝くタイミング »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ