FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

セックス のエンドロール⁉︎ 

前回、逝くタイミングの話の中で、男の性感、それも射精の後の感覚に少し触れたので、その点について少し掘り下げてみます。

恋人同士であれ、不倫のカップルであれ、セフレとのベッドであれ、射精の後、男は彼女との繋がりを解き、隣に転がり、二人で天井を向き息を整える。まあ、急いでティッシュを取って寝具を汚さないようにしてからって人も居るでしょうけどね。

ただ、僕は直ぐに離れるのは勿体無いなぁって思います。

特に一緒に逝けた時って、息子が堪えていた精を吐き出し徐々に萎え始める中、彼女の女性器は乳搾りのように僕の精を余す事なく搾り出してくれる。この快感を味あわずにペニスを抜いちゃうなんて、絶対、勿体無いって思うんです。

射精の後って、ペニスをが萎えると同様、性欲も減退してしまう。いつ動物に襲われるかもしれない古代の男なら、子孫を残す行為をしたら直ぐに切り替えて、自分と子孫を宿したかも知れない女の身を守る為に早く切り替えが必要だった事は分かる。

ただ、もういいでしょう⁉︎

終わった後、余韻を楽しんでも何にも問題ないし、セックス中に襲われる世の中でもないですからね。オーガズムに達した女性の体の反応って、信じられない動きで男を奈落に引き込んで行く。規則的にバギナの内壁は外から内へ畝り、ペニスを女の中へ中へと引き摺り込み、同時に男の精気を吸い出して行く。その暖かくも畝る肉壁の快感は終わった男性自身を破滅に導くような愉悦の罠に導く。男を最後まで貪る、これこそ女であり、この快感こそ男冥利。

何度か続くバギナの収縮、この刺激をひと仕事終えた息子に味わってもらう。今なら、少し萎え始めた息子を扱きなながら休ませくれる感覚。暖かくも濡れた感触が何とも優しく感じる。若い頃は、この熱い刺激がもう一度眠ろうとしていた息子を揺すり起こし、場合によってはそのまま、再勃起って事もあるでしょう。絶対、終わった後は、射し込んだ竿で女の中を、女の蠕動を感じるべきです。

例えるなら、映画で、クライマックスを終えた後にエンドロールの音楽を楽しむような感じでしょうか。ひょっとすると、新しい発見があったり、サプライズ何てこともあるかも知れません。

何でも、性急に動かず、ゆっくり楽しむ。そんな姿勢が良い時も有るって事。
彼女の中で、セックスの余韻、楽しむのもイイもんです。

今日は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ペニス  女性器  バギナ  快感  エンドロール 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 射精の後に・・⁉︎  |  男のタイミング⁉︎ »

コメント

余韻を大切にする方って素敵です💖

逝って、オシマイでは、あまりにも寂しいです。
特に、女は、男性と違って、昇り詰めた後も、小刻みに気を遣ることが多いんです。男性を自分の中に感じながら、ゆっくり余韻の宇宙を彷徨いたいのが本音です。
私は、奴隷ですから、男性が逝くと、すぐに、舐めて綺麗に掃除するのがお務めですから、贅沢は言えませんが、少しは、余韻をいただきたいといつも思っています。

風花(かざはな) #zpbGWri6 | URL
2020/08/05 15:58 * edit *

Re: 余韻を大切にする方って素敵です💖

風花さん、

僕は、何度か言われたことありますよ。
『お願い、このまま、動かないで』ってね。
彼女は、『きっと穴は、塞いで貰ってる時が満たされてる時なのよ』って言ってました。

そうそう、風花さん、
奴隷でもご主人が抜きたくないって思えば余韻が楽しめる。
逝った後、強烈に吸引する技を身につけたらどうですか?

難しいかな〜。

Mr.としゆき #- | URL
2020/08/05 16:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ