FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

射精の後に・・⁉︎ 

射精の余韻の楽しみ方って他にも何パターンかある。

前回は、セックスでの楽しみ方でしたが、成り立つのは彼女も逝く必要が。言うなれば、彼女を絶頂に導いた御褒美みたいなものです。何が気持ちいいのか、女性のオーガズムを彼女の体の中から感じる快感なんて難しい言い方で表現も出来るし、精液を搾り出す感触が震えるほど感じるって言う単純な言い方も出来る。

男の快感は女性ほど複雑ではないので、単純な表現で充分。

つまり、一番は一気に射精する瞬間であり、二番が残り精を搾り出す刺激だと思っている。射精は性的刺激による自らの発露であり、残り精は継続刺激による強制的な放精。結局、精液を出す感覚が男にとっては快感なんだと思う。

他にも残り精を感じる事のできる方法はいくつかあります。ただ、多くは女性の負担が増えるので、やって貰うには、男も彼女の為に何かしてあげる事を忘れないように気を付けて下さい。

例えば、セックスでは射精が終わった後、直ぐに吸引フェラチオで尿道に残った精液を絞り出して貰う。まあ普通のフェラでも快感ですが、人によっては、柔らかくなり始めたペニスを根元まで咥え、唇でしっかり挟んで扱き出したり、尿道にキスするように唇を尖らせてズズって吸ったり、女性も色んな技を持ってる。特に、僕の感想は熟女の技は凄いですね。

挿入後のフェラもですが、フェラチオでも男の性感をよく分かってる女性は射精後刺激を忘れない。口内に放出された精液を処理した後にもう一度咥え、残った精を搾り出す。射精後、敏感になっているのと相まって、その感触は震えるほどの快感。女性もその快感に耐えている男を微笑ましく眺めながら口を使っている。若かった頃は、口の中で、そのまま再勃起ということもありました。

最後に、オナニーでも一言。
男性用のオナグッズも、最近、ハンズフリー化が進んでいる。僕も時々、亀頭バイブのお世話になっている。初期のモノはパワーが小さかったし、バイブもパターンが少なく射精まで行かないなんて事もあったんですが、最近のものはかなり強烈なモノも現れている。そして、オナニーでも一緒。射精しても少し続ける。バイブは精液を搾り出してはくれませんが、それでもちょっと違った快感がある。痺れくすぐったいというか、中々、気持ちいい、試す価値ありです。

それから、亀頭バイブに興味のある方は、右コラムのお勧めサイトからアクセスして下さい。

今日は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  フェラチオ  ペニス  射精  オナニー    オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 魅惑の指マン⁉︎  |  セックス のエンドロール⁉︎ »

コメント

終わってからが大切ですね・・・

男性も女性も、終わってからが大切ですね。
逝かせていただけたという感謝の気持ちが大切だと思います。
綺麗に舐め上げて、残り汁を吸い上げ、残り香に感謝しながら飲み込むまでが当然のお勤めでしょう。

これからも、していただくには、そのくらいの気遣いはしたいものです。

風花(かざはな) #zpbGWri6 | URL
2020/08/08 11:22 * edit *

Re: 終わってからが大切ですね・・・

風花さん、

そんな風に思ってる女性、どれだけいるんでしょうね?
多くの人は、快感に何度も落ちた後、相手のフィニッシュで力尽きてしまうのに・・・

セックス って、お互いに余韻を感じて貰おうとする思いやりも必要なんでしょうね

Mr.としゆき #- | URL
2020/08/10 17:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ