FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

セックスのスパイス⁉︎ 

昨日の続きをもう少し、

男は、『恥ずかしそうにしてる女性』に興奮する。
何度も書いてきたけど、これは、結局、男の支配欲から来てる。

遠隔愛撫で本番中の女子アナを感じさせて、
再起不能にしようとしてるのではなく、
基本的には、本番が終わり、自分の腕の中に戻った彼女を、
『よく頑張った、偉いぞ』って褒めてあげて、
ご褒美にお預けになってたペニスを、そして思う存分声を出し、アクメに誘ってあげたい。
そんなところなんです。

嗜虐と褒美、SMの入り口なのかもしれません。

小さい頃、好きな女の子に悪戯して、気を引こうとしたのに少し似てるし、
言葉責めや、貼り付け、縄、手錠なんかでの拘束プレイでの辱めなんかにも通じる所があるかもしれません。

ただ、この時、
女性が、恥ずかしそうにしなかったらどうなるでしょう?

遠隔愛撫されている女子アナが、快感に負け、脚を広げ
自らの手で胸を揉み、テレビの中で逝ってしまったら、
他の視聴者は興奮するでしょうが、遠隔愛撫してる本人は萎えてしまうでしょう。

オソソを見せてみろと言って、恥ずかしそうに拒否してる女性だからこそ、
力尽くで膝を広げて見ようとするんであって、
大股開けて、見てって言われたら、これも萎えちゃう・・・

恥じらいと我慢
これが、男の欲情を鷲掴みにしてしまうんです。

一方、女性も恥ずかしさの中で味わう快感が病みつきになってしまう。
この甘美な体験は、さらに脳の興奮をエスカレートさせて行く。
さらに、恥ずかしさを押し殺すためにする我慢、努力が、
自己称賛となり、快感に繋がっていく。

女性は、恥じらいと自制で、快感を増幅させて行くって事なんです。

どうです?
『恥じらい』って、まさにセックスにおける強力なスパイスなんです。
男女共に美味しく頂けるんです。
上手く使えば、美味しさ倍増です。
大人のセックスならではの知的な使い方考えてみたいですよね。
それとも、思いっきり『痴的』な方がイイですかね。

それでは、また。
イイ案あれば教えてくださいね。
スポンサーサイト



カテゴリ: 性欲

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  恥ずかしさ  ペニス  スパイス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« セックス・モード ON ⁉︎  |  男の興奮・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ