FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

手枷・足枷プレイ⁉︎ 

さて、拘束の小道具ですが、僕もSMには詳しく無いので、初歩のソフトSMのつもりで聞いてい下さい。

部屋着の紐から少し発展して、次の段階がラブホの装備品での拘束プレイ。
檻のところで少し触れたSMルームの装備品にも、いくつかの拘束具が含まれている。まあ、僕はそんなにハードな所には入った事は無いので、ソフトな経験しかありませんが、それでも興味津々でした。

このソフトSMに興味を持ってくれた女性は数人いました。その中で、初めてでも素直に応じてくれたのが『手枷・足枷』です。
ラブホの装備としては、一番ソフトなのがベットの4隅から固定具が出ているタイプ。これは、彼女をベットの上に大の字にして手首、足首を固定する。そして、固定してしまえばゆっくり眺め、ゆっくりと摩り、両手を使ってピアノを奏でるように彼女の体の感じる所を弾いて行く。指、掌、唇、舌、あらゆる手段で刺激し彼女の声を楽しむ。至福の時です。

彼女にとっては体が動いてしまう快感、でも体は動かない。そのもどかしさに体を捩るようにして恥ずかしさに堪える。果てしなく繰り返される刺激に溢れ出す愛液を隠そうにも隠せずシーツを濡らしてしまう恥ずかしさ。究極の羞恥の念と快感。面白いのは、ラブホの拘束具は多くが手足を固定し拡げるものが多い。足首を固定し股を拡げ、手首を固定し胸を無防備に、脇を拡げさせる。男は抵抗できない晒された場所を味わう。

ベットの他に、拘束椅子とか拘束台、拘束壁なんてものある。
以前、紹介したX字の拘束台もそのひとつで、流石に女性もこれを見せらせた時には、驚きの声を出す。

一方、市販の『手枷・足枷』は、逆で纏めて固定のタイプ。
使い方としては、両手首、両足首を前で固定するか、後ろ手に固定するかの大きく言って2種類。後ろ手だと女性を寝かすとしたらうつむせにするしかなく、お尻を持ち上げ突き出させてバイブで責めるなり、バックで挿入。横にして足を交差して挿入なんていうアクロバティックな方法もある。どっちにしても女性は、手を伸ばしたくても伸ばせないし、足を伸ばしたくても伸ばせない。不自由な中で快感に耐える。女性は逝く直前、体を伸ばす。背を反らしたり、足をピンと伸ばしたり。そして、できない苦痛が快感に変わる。

両手足を前で固定しても同じ、この場合は仰向けで寝れるので体勢は少し楽だけど、後は同じ。足を持ち上げて、クンニする男の様子を見ながら何もできず、快感に震えるだけ。恥ずかしい姿を晒し、何処までも昇っていく。

まあ、この手足固定具も、そんなに高いモノでもないし、デートのお供にあってもイイかもしれません。
興味のある方は、下の写真をクリックして貰えれば飛ぶようにしてありますので。

そうそう、最後にひとつ、固定具プレイするときは、彼女に紐パン履いて来てもらうのが必須。
せっかく固定してから、パンツ脱げないなんて興醒めですからね。

今日は、この辺で。
それでは、また。


ランキングが上がると、テンションも上がります。
二つ共、ポチポチっと宜しく!


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)

スポンサーサイト



カテゴリ: ラブホ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 手枷  足枷  拘束  ラブホ  バイブ  クンニ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« エロさ際立つ衣装⁉︎  |  簡単拘束プレイ・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ