FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


セックス・モード ON ⁉︎ 

恥ずかしさと快感、

本来、セックスは、恥ずかしさや後ろめたさ、罪悪感のようなものは、
全て捨てて、リラックスして楽しむことで体は解放され、快感を得られると言うのが通説。
それなのに、恥ずかしさの中で受けた快感は、自制と報酬の結果、
我慢した分、味わったことの無い快感を得られる。
この矛盾した感覚は、セックスに於いて、他にもあります。

本来、快感であるはずがないものが、快感に変わってしまうなんて事です。

男も有るけど、女性の方がこんな経験は多いと思いでしょう。
例えば、何時もならくすぐったいのに、ゾクゾクして濡れて来るとか、
普通にされたら痛いだけなのに、オソソに突き刺さるように気持ちイイとかって、
思ったこと有るんじゃないでしょうか。

ぼくは、これが、体がセックス・モードに入っているか、入っていないかの違いだと思っています。
例えば、突然、女性の乳首を噛んだら『痛い!』って飛び上がるでしょう。
でも、キスをし、舌を絡ませ、首筋から、乳房、乳首へ移動し噛んだら、
『あっああ〜〜』って甘い声を漏らす。この違いです。

くすぐったさも同じ。
よくするんですが、5本の指を肌に触れるか触れないか位の感触で摩ってあげるんですが、
スイッチが入っていないと、体をくねらせて逃げちゃうのに、
スイッチオンなら、体を反らせたり、全身で感じ、登っていっちゃいます。

そう、脳がセックス・モードONになることで、性感帯が一気に増える、
不快だった刺激までが、快感に感じられるようになるんです。

そして、この変化は、経験の中から生まれてくる。
女性が、『えっ、どうして、私、気持ちイイの』って感じた時、
快感の回路に、この場所へのこの刺激が感じるって、繋がった瞬間なんです。

時に、女性が『私、彼に開発されたの!』って言うのは、こう言う事だと思っています。
男と女は、経験を通して、幾つもこの快感の回路を繋いで成長し、
多く繋ぐことで、セックスの際の性感帯を増やし、セックスを楽しめるようになる。
大人のセックスって、こう言うもんだと思います。

以前、彼女と彼女の初体験からの男性遍歴を聞いた事があるんですが、
その時、ポツリと、
『最初の彼、セックス上手だったかも知れない・・・』って言ったんです。

ぼくと彼女とは、相性が合うんでしょう。
デートを積み重ねながら、ふたりで彼女の新しい性感帯回路が幾つも繋いで来ました。
乳首を噛まれるのも、脇の下を舐められるのも、スイッチさえ入れば、
体が震えるほどの性感帯になってしまっています。

きっと、最初の彼氏、高校生だった彼女を女にした年上の彼氏、
きっとよく似た愛撫をしたんじゃないかな、って思いました。
でも若かった当時の彼女は、この快感の回路が繋がってなかった。
そして、ふたりで、繋ぐことが出来なかった。
これは、彼だけの問題では無いんです。

彼女も、ふと、そんな風に、
セックス後の気だるさの中で、悟ったんじゃないでしょうか。
そして、口から出たのが、この言葉だったんじゃないか!
って、ぼくは、勝手に思っています。

不思議ですよね、
その時、この快感回路を、最初の彼氏と一緒に、繋いでしまっていたら、
きっと、彼女にとって、彼は離れられない人になっただろうし、
大袈裟に言えば、人生が変わっていたかもしれません。

たかがセックス、されどセックス。
そう思いません?

それでは、また。
スポンサーサイト



タグ: セックス  性感帯    快感  回路  スイッチ 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 我慢のもたらす快感・・!‼︎  |  セックスのスパイス⁉︎ »

コメント

初めまして

なんとなく辿りついた場所

ちょっと読ませもらう内に
共感する文面しばしば


恥ずかしさと快感…。

えっ、どうして私気持ちいいの、、、
快感の回路に繋がった…

等、

私も彼と結構色々相性がいいんです、よく似てます
出逢う必要があって出逢ってしまった感じです。

としゆきさんのここに来て

もう暫く大人の秘密の恋そして
彼とのセックス
楽しみたいと思いました

佳織 #- | URL
2016/07/27 17:51 * edit *

Re: 初めまして

佳織さん
はじめまして

共感してもらえてるの凄く嬉しいです。
確かに、出会いって、出会うべくして出会ったという感覚になります。
特に、愛しい間柄になる人は特にそうだと思います。

これからも色々書いていこうと思いますので宜しく。
また、遊びに来てくださいね。

それでわ、また

Mr.としゆき #- | URL
2016/08/12 21:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ