FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


夏の出来事ー最終回ー 

大学2年生の夏休み、
色んな事があった夏休み、忘れられない夏でした。

ふたりの女性と交わった事が、嘘みたいで、
それでも、その経験は、ぼくを大きく成長させてくれました。

まだ、私、処女って言った彼女は9月に入ると就職活動で忙しく会えない日が続いたし、
家庭教師していた男の子は、元気に学校行ってるようで、
『先生に来てもらってよかった』って言ってくれてるという事も聞こえてきました。

終わってしまえば、思い出。

まさにそんな感じを持ちながらも、お母さんから貰った快感、
お母さんが、体全体で表現した、女の絶頂は、忘れられないものになりました。

彼女とは、就職が決まった週末の夜、初めて入ったラブホで、
今度は、ちゃんと繋がることができました。
バイト先のお母さんが、手を添えて導いてくれたように、自分で方向を合わせて、
彼女のまだまだ堅い、女の壺に押し入ることがで来ました。

この時、女性の不思議さを実感しました。
ふたりの女性の経験しかないのに、そのふたりの女性器の挿入感、全く違ったんです。
年上のぼくを導いてくれた女性の時は、飲み込まれるような感覚だったのに
彼女の時は、こじ開けるような感覚でした。

こうして、夏休み毎に、少しづつ大人への経験を積み、
大学2年生の夏に女の人とつながり、その気持ち良さ、震える快感を体験し、
大人への入り口に立てました。
ただ、彼女に絶頂感を与えれたわけでもなく、
成熟した女性が、自ら逝くのに3回、ぼくは発射してるんですから。

とは言え、
この夏の経験で、高校の時から続いた夏休みの探求は、一定の成果を持って終わりました。
ただ、成人式を前に、男と女の神秘かつ官能の世界を知ると共に、
女性が、一層美しく輝く絶頂の瞬間を知ってしまった。
彼女のその瞬間を見てみたい、他の人の姿も見てみたい、
その思いが、その後のセックスにのしかかってくる事になりました。

そして、その独りよがりの思いを、正してくれる女性に翌年の夏に会うことになります。
この出会いとふたりのセックスの話は、以前書いた事があるので、
今回の成長記はこの辺りにさせていただきます。

男の子の初体験までの記録、如何でしたか?
それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: 性の目覚め

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  絶頂   

[edit]

tb: -- | cm: 4

« アスリートとセックス・・・  |  夏の出来事⑨ »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/11/02 17:21 * edit *

Re: タイトルなし

鍵コメさん、

初めまして、読んで頂いてありがとうございます。

確かに、以前、書いていたんですが、今はそのブログ閉鎖してしまったんで、読む事は出来ません。
ここでは、読んでくれた方もいるかなって思い、こう書きました。

すいません、また、いつか
この辺りを物語にできればって思っています。

今後とも、宜しくお願いします。

Mr.としゆき #- | URL
2017/11/04 23:29 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2018/01/30 00:07 * edit *

Re: タイトルなし

鍵コメさん、

お久しぶりです。
そうですね、北野の梅が咲くと、もうすぐ春ですかね。

でも、小雪舞う中で健気に咲いてる梅、
北野天満宮は、そんな感じが多かったかなぁ。

Mr.としゆき #- | URL
2018/01/31 18:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ