FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

アスリートとセックス・・・ 

今日からは、いつもの話題に戻りたいと思います。

お盆休みも中盤を過ぎっていうか、
人によっては、もう終わったわっていう方も居られるでしょう。
今年は、山の日が設定され、休みが分散したのもあるし、
お盆が月曜日ってのも休みが短くなる原因だったかもしれません。
とは言え、今年はオリンピックとお盆休みが重なってるんで、
午前中は、楽しみが増えています。

さて、オリンピックと言えば、いつも話題になるのが、アスリート達のセックスに関して。
コンドームの消費量が話題になる反面、意外に話題にならないのがメダルとの関係。

流石に、実験しようとする国も少ないからでしょうが、データも少ないようで、
1990年代に取られたデータでは、
結局、セックスアスリートパフォーマンスに与える影響は無いと云うことになっているそうです。

ただ、大リーグのヤンキースのデータでは、
セックスと云うより、その結果としての寝不足がパフォーマンスに大きく影響するとの事です。

そして、オリンピックほどの選手なら無いかもしれませんが、
大きい大会になると、期間中に知り合って男女が仲良くなり、セックスに至る事もあるでしょう。
ただ、これが問題って事です。
まあ、これは、男の方が多ような気がしますが、
セックスが上手く行かなかった、自信を失ったと云うような事になった時、
その自信喪失が、競技のパフォーマンスに影響が出るって事らしいです。
別の事で落ち込んで、本来すべき事に影響が出る事はよくあることだし、有りえるかもしれませんよね。





セックスの自信喪失が、競技の自信喪失につながるって事で、
ただ、オリンピックに出るような一流のアスリートなら、
そんな事で本来のパフォーマンスに影響は出ないでしょう。
と云うより、セックスで自信を失う事態になんてならないでしょうね、体力も半端じゃないしね。

でも、もし、ありうるって事なら、
くノ一ならぬ性の技巧を駆使できるメダリストキラーを送り込んで、ライバルを罠に・・・
っていう手も使えるかもってね。
ある国のオリンピック選手団に、セックスのプロ集団が参加なんて面白いかもね。

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オリンピック  アスリート  パフォーマンス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« セックスの肉体的負担⁉︎  |  夏の出来事ー最終回ー »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ